忍者ブログ
のんびりいものせいさくにっき
[55]  [53]  [54]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日から始まった中川幸夫プレ美術館「器」展のお知らせです。
中川幸夫の「器」と中川幸夫にインスパイアされ
オマージュする作家30人による「器」の展示。

私もその中の一人として出展させてもらっています。




中川幸夫さんは今年93歳
今なお前衛を突き進む花狂人です。
彼は伝統的な華道と袂を分かち、
孤高を50年貫き通しました。
咲いては枯れ、消滅する花の生命の全過程を作品化する
その特異な造形は、国の内外で高く評価されています。

「中川さんに触発されたアーティストは多く、
せっかくの作品を人々の目に届くところに展示したい」と、
実行委員会が立ち上がり、
香川県在住の建築家「中川幸夫プレ美術館」実行委員長
斎藤正さん事務所ー轂工房ー1階にて本日オープンしました。


      花坊主



1973年 カーネーション、自作ガラス

中川さんの代表的な作品である「花坊主」
自作ガラスの中にカーネーションを詰め、密封した作品。
密封して1、2週間真っ赤な液体がじわじわと
白いふすまに流れだしている

花は美しく咲いているから美しいは当たり前で、
しおれて、枯れて、腐って、悲鳴をあげる瞬間も美しいのだという。

素材の本質に、しっかり耳、心を傾けている
彼の制作姿勢に感心させられます。


作品展の詳細

2009年10月12日(祝)〜12月13日(日) 
(通常:金土日の週末開催 /平日問い合わせで観覧可) 
開催時間:10:00−16:00
場 所 :香川県丸亀市柞原町306-2 イスノキ1F 【地図下記】
入場料 :200円(一般) 無料(学生)
問い合わせ先:0877-22-1533(中川幸夫プレ美術館運営委員会)



中川幸夫事務所公式ホームページ→

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 backlink service]
[04/16 masumin]
[04/16 kyapa]
[09/13 masumin]
[09/11 kyapa]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
山下真守美
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
so
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]